水星の魔女の11話の感想と次回の展開予想

前回

はじめに

11話見ました。

前回なんとなく「今後こんな展開だろ!」と適当な予想をしたので、

11話の感想の方と、せっかくなので最終回も予想してみます。

ただの予想なので、この文言が必要かわかりませんが、ネタバレ注意です。

それと、書いてあることが実際の内容とは異なる可能性があります。

11話の感想

いや〜スペース追いかけっこからのデレ仲直り、良かった!

水星の魔女 乙女ゲーム編 完

という感じで、日常パートをもっとよこせ!と思う間もなく、ついにいつものガンダムが始まってしまったなという印象でした。

最終回予想

前回の予想は大体予想通りだったので、まだ「メカばあば」ありえるのではないでしょうか。

まだあり得るって!

というのはさておき、

始めの頃からちょいちょい出てくるマツコが怪しいかなと少し思いました。


メタ的な視点で予想をすると、今回の仲直りは、実はアニメ的にかなりヤバイです。

大体のアニメでイベントが終わったキャラというのは「はいおつかれーあとは流れでお願いしまーす」という感じだと思うのですが、

「メインキャラ同士で」「ストーリーの終盤でもないのに」その状態になるってことはまずありません。

特にミオリネさん、大体の問題が解決してしまいました。

これは大変マズいです。

つまり、新しく事件が起きるのではないでしょうか。


そして結末ですが、最終話に一旦の区切りをつけると考えると、思い付くのは3パターンくらいで、

・強そうになってた新装備のエアリアルで地球のガンダム2機を撃退して勝利パターン、

・エアリアルに乗れなくてテロ成功で誰が助かってるかわからない惨敗パターン、

・急に第三勢力が出て来て全員を一掃するパターン、

辺りだと思うんですよね。

1つ目の勝っちゃうパターン、流石に続きが気になる終わり方をすると思うので、正直なさそう。

2つ目の惨敗パターン、悲惨な状態で3ヶ月待たすということは今回はしなさそうなので、これもなさそう。

ということで、3つ目の第三勢力が暴れるパターンなのではないかと。

スレッタが怪しいという部分は、まだ何ひとつ解決していないので、

スレッタが新装備エアリアルに乗って、なんかよくわからない力で地球のテロリスト達を一掃した後、プロスペラ母を連れてそのままどっかに消えてエンドと予想します。

嫌いとかではなくむしろ好きなのですが、スレッタには敵サイドになって欲しい!

まとめ

「別に今から学園モノにシフトしてもらっても構わんのだが?」

という思いで迎える最終回、果たしてどうなるのか。

いつもよりライブ感マシマシなアニメの展開予想でした。

おまけ

今回内容があまりになかったので、危険そうなキャラリストを書いておきます。

ニカ・ナナウラ

女スパイという、ガンダム世界でぶっちぎりで危険な役柄の人物。シーズン2にも出て欲しいが…

地球の魔女の2人

ガンダム世界においてイキっている女子は危ないです。特にスレッタのファンの方はかなり危ない。

ミオリネ・レンブラン

正直、父親より危険なんじゃないかなと思います。少なくともなにか事件はありそう。

デリング・レンブラン

実は普通に優しそうなデリング総裁。謎の計画用にデータを受け取っていたので、意外に大丈夫そう。

シャディク・ガールズ

決闘の段階から、もう危なそうな雰囲気が出てる。ただ、第2クールまでは大丈夫そう。

追記

12話見ました

コメント

タイトルとURLをコピーしました