GEARS of WARをやる 2日目

2日目

今回は車を降りたところからです。

夜、雨、屋内と唐突にホラーテイストになりましたが、吹き替え洋画のようにジョークを飛ばしながらムキムキの男4人のチームで行動しているので、全く怖く感じませんでした。

最後にトロッコに乗ったのですが、このトロッコが結構長いうえに4方向のどこから敵が来るかわからないという初見殺し設計であり、しかもやられると最初からという緊張感あふれるアトラクションになっていました。

少ししたら周りが洞窟のような造りになり、地下資源のイミュルシオンがそこら中にあふれていて、かなり奇麗な景色が広がっていました。

圧縮で少し劣化していますがこんなの ゲーム中はもっと鮮やかだったと思います

少し進んで10mくらい?のでっかいザリガニみたいなボスが出てきましたが、難易度カジュアルでやってるからなのか全然強くなく癒しキャラでした。

ポンプステーション

ここにきてトルクボウというボウガンの矢が爆弾のような新武器と、その武器を扱うセロン・ガードが登場します。

今までの敵兵ことドローン君の強化版のセロン・ガード君ですが、声がかすれていて夜に会いたくないような感じでした。

この地下編はラストにポンプステーションを陣取る相手と戦う訳ですが、

正直言うと、ここまでストーリーをあまり把握していなかったので「何回も会話に出てくるレゾネーターとは何ぞ?」と思っていたのですが、ついに登場します。

どうやら、超音波で地形を調べる兵器で、地下に仕掛けて地底人の住処を調査するみたいなそういうミッションだったのねと理解しました。

マーカス父邸

ミッションが失敗に終わり、マーカス父の家を目指すことになるのですが、驚いたことに見覚えがありました。

実は初日に初めからを選ぶ前に、クリアした話の中から選ぶを選んだ際にAct4まで表示されていて、おかしいなと思っていたのですが、ここまでは5年前にもやっていたみたいでした。

たぶん雰囲気が一気に切り替わったのでマーカス父邸を目指すパートがAct4だと思われます。

本日はこの章のベルセルクがまた出て来るところまでやったのですが、こいつも結構な癒しキャラだなと思いました。

2日目感想

という事で2日目でした。今回は特につまずくポイントもなく、書く事が殆どなかった回な気がします。

ただ、単純に敵が強くて何度もリトライさせられているので、難易度をカジュアルにしておいて正解だったと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました