ネタバレを気にせず書くドラクエ11S その3 謎、解決

今回もネタバレを気にせず順を追ってその時々の感想を書いていきます。前回のはこちら参照。

1周目 2Dモード 中編その2

今回は4人パーティになり船をゲットしたぞ!というところからです。

「ネルセンの宿屋で寝るとみんな同じ夢を見るぞ!」という情報を聞き、その宿屋に寝に行くと、勇者の父親らしき亡霊が枕元に立ち、勇者の母親らしき人物に「この人を救って」と助けを求められます。

そうしてユグノア城跡に向かう事になるのですが、実はこのネルセンの宿屋もユグノア城跡も、マルティナ編で出て来たグロッタと同じ大陸にあって、先にグロッタに向かおうとするとロウに止められます。

これはドラクエ11をSでやっている人、みんなが思うことだと思うのですが「両親よりも、早くグロッタのカジノでマルティナがどうなっているのかを確認させてくれ!」と思いました。

どうしようもないので、時間が掛かりそうですが、父親らしき亡霊を救いに行きます。

ここの話を簡単に説明すると、ユグノア城の地下で、魔物に、勇者の父親の亡霊が何度も「無念な最後」を体験させられ、ちゅうちゅう不幸エネルギーを吸われているという場面なのですが

その体験している過去話が始まります。

ここで、「勇者=悪魔の子」になる理由が出てくるのですが、ここまで頭の中にずっとあった「堀井雄二、遂におかしくなってしまっただか?」という思いが、やっと解消され

「なるほど、そういう理屈で勇者=悪魔の子になるのね、納得」と思いました。

さらに、デルカダール王がワンチャン「勇者は悪魔の子!」と言いだしてもおかしくない様に、一応なっているところも凄いなと思いました。(結構厳しいし、グレイグお前、現場に居たならもっと怪しめよ!と思いましたが)

そして両親の魂を救済!

無くなる前からスキルパネルを全然開放していなかった勇者の力(簡単に言うと使ってない)が戻り、グロッタに向かいます。


グロッタは「カジノで遊んでアイテムを獲得→ボス戦」という流れなのですが、悲しい事に「簡単に揃うカジノがあり、ぼったくりの景品でクリア後コインが無くなる」という情報だけネタバレを見て知ってしまっていて、明らかにここなのであんまりわくわくはしませんでした。

せっかくなので、マジスロを遊んだのですが、本格的過ぎて止め時が良くわからないという、こうやって現実でパチスロで遊んだ時にたまたまバンバン当たりでもしたら、ハマってしまうのか、と思わされました。

そして、アイテムを交換して奥に進み、呪われしマルティナ戦。

今回のドラクエ11は今までのドラクエ作品のオマージュが多いのですが、これはドラクエ8にあった奴だなとすぐに思いました。

ドラクエ8と同じく、倒しても強いボスが続けて出てくる連戦になっています。

1周目の今回は初戦でギリギリ勝ててしまったので、2周目の3Dでやっている時に初めて気が付いたのですが、2人目で負けると2人目からになるところもドラクエ8と同じで、ニクイ仕掛けだなと思いました。(ドラクエ8はここだけ印象深くて覚えていました)

ちなみに、1周目はサクサクで所々ピンチになるとはいえ、ゲームオーバーは裏ボスでしかありませんでした。裏ボス意外だと、ここのブギー様だけ妙に強いなという記憶があります。

そんなこんなでマルティナが仲間になり、グロッタのカジノも遊べるようになります。

遊べるようになると「ルーレットでジャックポットを出して!」というクエストが受けられるようになり「クエストがあるんだから当たるっしょ!」と何も考えずに宝箱(ルーレットの0)に掛けるという適当プレイでジャックポットを出しました。(ツイッターに上げたスクショ編その3の1枚目)

後で知ったのですが、たまたま運が良かっただけで、ちゃんと準備をしないと結構出ないみたいです。

逆に言うと、準備すれば多分簡単に出ます。オフラインのゲームでクエストを用意しておいて、わざわざ実際の確率にするメリットはないので。


グロッタカジノ編が終わり、ハープゲットで雪の国クレイモランへ。

向かう途中の海の上で急にイベントがあり、記憶喪失のカミュが仲間になります。

「腹減ってたら食べ物積んでる船がたまたまあったから乗り込んだ」という「もうちょっとちゃんとしたイベント用意してあげてよ!」と思いました。

レッドオーブを持っている海のボスも、クレイモランに向かう途中で急に襲ってくるという、えっ?と思うような登場の仕方で、油断していたので逆にびっくりしました。


#3はこの辺で。次回はたぶん2D編が終わります。

※続き、出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました