5億年ボタンを見ました

現在放送中なのか何なのかよくわからないのですが、アマゾンプライムにて「5億年ボタン」なる、アニメなのか何なのかよくわからない作品をたまたま見て、(しかも最新が5話くらいなので、まだ途中)

なんか書きたくなったので書いてみます。

5億年ボタン【公式】~菅原そうたのショートショート~ を見る

そもそも何なのか

原作は漫画なのかそれとももっと前からあるのか等、イマイチよく知らないのですが、(自分は漫画を結構前から知ってた)

簡単に内容を書くと、

「このボタンを押すと100万円が出てきます。ただその代わり、押した瞬間に脳に微弱な電撃が走り5億年分の時間を、白い何もない空間で体験することになります。

終わって現実に戻ってくる際に5億年分の記憶は消去されるので、押した瞬間に100万円が出てくるみたいな感覚になりますが、押す?押さない?」

というような内容です。

押すか押さないか

これを押すか押さないかを考える際に、実は最近結構答えが左右されそうな重要な要素を知りまして、

年齢を重ねると時の流れが速く感じる法則「ジャネーの法則」

というものがこの世には存在しています。(というかしているらしい)

どうやらこの法則を5億年で当てはめると、終盤はものすごいスピードで時間が流れていくように感じるらしく、体感としては5億年は人生7回分くらいにしかならないみたいです。(ジャネーの法則はyoutubeにて知り、人生7回分というはアマプラのコメントで見た)

たった人生7回分と聞くと一気に押しても良くなった気がしますね。

自分だったら

そんな感じでジャネーの法則を踏まえた上で自分だったらどうするかなというのを考えたのですが、

自分だったら押さないかなと思います。

押さない理由なのですが、

この押して帰ってきた場合、その5億年分の記憶が無くなるわけですが、その無くなった奴(ボタンを押した自分)は果たして自分なのか?消される瞬間に実質殺されているんじゃないか?という事を考えてしまって、

「自分は押さずに近くに居る奴に一杯押させて、おこぼれを貰うのが一番良くないか?」という結論に至りました。

私は危険な思考の持ち主です。

どこでもドアの思考実験

思考実験で「どこでもドアを通る時にスキャンをされて、出口の方で全く同じ自分が再構築されるから別に大丈夫だよ、のび太君」みたいな内容のものをたまたま見たのですが、

(ドラえもん本編のどこでもドアは、ドアとドアの空間を繋げるというような道具なので、この思考実験の物とは仕組みが違うのですが、敢えてその思考実験の方のどこでもドアがあったと仮定して)

自分は使いたくないな、という風に思いました。


このどこでもドアの話は、自分はネットでブログっぽいサイトで見て「怖え話だなー」と思っただけなのですが、

そのサイトによると、ちゃんとした内容は「哲学的な何か、あと科学とか」という本に載ってるらしいです。(実は今知ったのですが、自分が見ていたサイトは、この本の作者本人のサイトだったみたいです)

話を戻して

話を5億年ボタンに戻して、何で今回こんなページを書こうかと思ったかというと、実は冒頭に書いたアニメ?を見ていて、思考実験のネタが思いついたんですよね。

せっかくだから書いておきたいなと思ったので、このページは書いてみました。

「私は今、200万円がどうしても欲しいです。人から貰うことは出来ません。

目の前に、押すと100万円が出てくるこのページの冒頭に書いたものと同じ5億年ボタンがあります。連打可能で、連打すると期間がプラスされます。(2回連打で10億年みたいな感じ)

1回押すのを2回やる?それとも2回連打する?」

(ちなみにこのページを書いた後に5話を見たら、1回押すのを16回やっていたので仕組みが違いました)

自分だったらどうするか & まとめ

「ジャネーの法則を考えると、10億年は体感人生7回分とあんまり変わらなくて、体感人生が8回やら9回分と考えると、2連打した方が間違いなくお得だから自分だったら2回押すかなー、でもそもそもそんな状況になったとして押す事が出来るのかなー」

とか

色々考えてしまい、今回こんなページを書いてしまったという感じでした。


ということで

そもそも、寝て起きた後の俺は寝る前の俺と同じ俺なのかとか、そんな哲学的なことを考えたり考えなかったりして、夜も眠れなかったり、でもやっぱり睡魔には勝てなくて意識を失ったりで、

最近(というか結構前から)何かよくわからないモリオでした。

このブログは明日以降の俺が頑張ってくれるはずなので、今回はこんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました